【Q&A】夏でも乾燥してしまう肌の対策は?

こんにちは。ミオです。

【ご相談内容】
夏でも乾燥してしまうほどの乾燥肌です。

特に夏はベタベタするのに乾燥して辛いです。

化粧水をたっぷりつけているのですが、化粧水の浸透が悪いのか、触るとベタベタして、でも肌の内側が乾燥している気がします。

化粧水を付ける時間がかかりすぎて、スキンケアをさぼりがちになってしまいます。

【お答えいたします】
乾燥対策をしているのに、乾燥が気になってしまうのですね。

お肌を見てみないとはっきりと言えませんが、毛穴が開き脂性肌のようにベタベタしていても、乾燥が気になる場合、インナードライが考えられます。

夏でも冷房の中にいてじっとしている事が多い現代では、汗をかくことが少なくなってきてしまい、結果肌の代謝が良くない、または早すぎる事が原因と考えられています。

浸透の良い化粧水を付けることもいいかもしれませんが、それでは化粧水に頼ってしまい、肌本来の力が衰えたままです。

健康的な肌を取り戻すには、代謝を良くすることが大切です。

代謝を良くするために、具体的には、「いい汗」をかいてください^^

ウォーキングでも、ランニングでも、ジムに行ってもいいですね。

エアコンを消して、暑い部屋で我慢大会をするよりも、体を動かした汗の方がいい汗です^^

そして、1日の終わりには半身浴でも、全身浴でも湯船につかり、体を温めます。

忙しい平日は難しいかもしれませんが、週に1日でも、月に2日でも、できるところから始めてみてください。

良い肌を作るには、運動・食事・生活習慣を改め、適切にスキンケアすることが大切です^^

5年後、10年後も輝いた肌でいたいですよね♪