ニキビ跡はビタミンCとターンオーバーが鍵です

春はニキビのできやすい季節です。

もしトラブルが起きてしまったら、跡に残さないようにしたいですね。

お手入れでターンオーバーを整えるものを取り入れていくことをお勧めします。

ニキビ跡はなかなか消えないのがやっかいなところです。

潰してしまったりすると特に皮膚の深部まで刺激してしまうため、傷跡のようになってしまいます。

さらにターンオーバーのリズムが乱れていたり、年齢でサイクル速度が落ちてしまっていたりすると、きれいなお肌を取り戻すまでに時間がかかってしまいます。

皮膚は生まれ変わりを繰り返しています。

そのサイクルを助けるお手入れがいいですね。

まず、ニキビ跡の色素が残らないようにビタミンCを積極的に取りましょう。

食べ物もありますし、スキンケアに入っているものもあります。

ビタミンCは美白効果もありますよ^^

春からの紫外線の影響を受けるとそのままシミなどの色むらのトラブルとして定着してしまうことがあります。

春はきちんとケアを心がけるといいでしょう。

お肌のターンオーバーをうながして、きれいなお肌の細胞を作るのも大切です。

炎症が落ち着いていれば、ピーリングや角質ケアのスキンケアで余分な角質を落とすことも有効です。

ただし、やりすぎ注意です!適度にやってみましょう^^

また、マッサージもターンオーバーを促進するのに有効です。

体全体の代謝を上げていくために、運動するのもおススメです。

ニキビ跡のケア次第では早くにきれいなお肌に戻すこともできます^^

きれいな肌で夏を迎えたいですね^^