夏のスキンケアは洗顔&UVケア&日焼けケア

梅雨の晴れ間は紫外線も多いです。雨や曇りが多いとUVケアを怠りがちですが、曇りでも紫外線は降り注いでいます。梅雨明け直後の日差しも、紫外線が多いです。

ということで、天候に関係なくしっかりUVケアしてください。

夏は暑くなり、皮脂分泌も汗も多く出てきますので、化粧崩れが起こりやすくなります。朝の洗顔で肌をしっかり清潔にして、整肌することで化粧崩れを抑える事ができます。

日中の化粧崩れが気になる方は、皮脂を抑えるビタミンDの摂取や、皮脂を抑える収斂化粧水の利用、皮脂や水分を吸着してくれるパウダーファンデーションを利用してみてください。

本格的な夏になると日差しが強く、春から受けた紫外線によってメラニンの生成が盛んになり、日焼けしたお肌自体の紫外線防御力も上がります。それでもまだ紫外線はありますので、UVケアも怠らない方がいいですね。

UVケアを行っていても、日焼けしてしまったり、色として見えなくてもメラニンの生成が活発になっていたりします。そのままにしていると、シワやシミの原因になりますので、メラニンの活動を抑制するケアをしてください。

赤みが出ているお肌や、日焼け直後のお肌はアロエやカモミラ、アズレンなど鎮静効果のある基礎化粧品で赤みや熱を抑えます。

日焼け後のお肌は乾燥しますので、十分保湿をしてください。

肌が黒くなってきたら、美白効果のある美容液やクレイパックなどで美白をしてください。

まとめてみますと、夏は「洗顔&UVケア&日焼け後ケア」です。