Top >>  24hコスメ  >> 24h オールインワン ナチュラルクリームの成分分析してみました

24h オールインワン ナチュラルクリームの成分分析してみました

24h コスメの「24h オールインワン ナチュラルクリーム」の成分について調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら


ツバキ油

日本古来からある油剤(エモリエント成分)です。主成分はオリーブと同様のオレイン酸です。

ミツロウ

ミツバチの巣を溶解させてロウ分を採取して精製したものです。古くから化粧品に使われている原料で、乳化成分としてホウ砂と一緒に使われていました。現在では、ベースの形状や感触の調整に使われることが多い安定化成分です。

ラベンダー油

ラベンダーの花と花茎が原料です。香水、化粧水、ポマード、石けんなどの香料として使われます。

ヨモギ葉エキス

消炎効果、収斂効果があります。古くから傷の止血薬として使われています。

ドクダミエキス

抗菌効果、抗炎性、収斂性があるとされています。昔から生薬として傷の治療に用いられていました。

ビワ葉エキス

バラ科植物ビワの葉から抽出したエキスです。消炎効果、収斂効果があるので、肌荒れを防ぎ、キメを整え引き締まった肌にする目的で配合されています。



溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

エタノール

基材成分です。また、肌の引き締め作用、様々な成分の溶解を助ける作用、防腐作用があります。アルコールは配合量によりその主な働きや安全性の度合いが違います。また、一緒に配合される他の成分の影響も受けていますので、一概にアルコールが入っているものを刺激が強いと思うのは誤りです。

トコフェロール

生理活性成分です。黄色~黄褐色のやや粘性のある液体です。還元力の強い成分で、抗酸化作用があり、エイジングや炎症の原因の一つであるフェリーラジカルを消去したり、過酸化脂質の発生を防ぎます。また、皮膚の血液循環を良くする働きもあります。肌荒れを防ぐ目的、エイジングケア目的、血色を良くしクスミを改善する目的などで使用されます。



24h コスメの「24h オールインワン ナチュラルクリーム」の毒性は安全です。

24hコスメは、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成防腐剤を使用していません。

スキンケアは使用目的に合わせて分けて使うことにこだわりはありますが、こんなに安全なオールインワンにも興味があります。

ミオのサイト内24hコスメ製品の一覧へ(成分分析のページに飛ぶリンク一覧です)

トラブル部分や敏感肌にもやさしい植物エキス配合!24hコスメ

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

24hコスメ

関連エントリー

24hコスメ ファンデーションを使ってみました
24hコスメのスキンケアを使ってみました
24hコスメ の商品が届きました
24hコスメ 成分分析商品一覧
24h パウダーチークの成分分析してみました
24h マジックパウダの成分分析してみました
24h テイストミーリップグロスの成分分析してみました
24h テイストミーリップスティックの成分分析してみました
24h フェイスパウダーの成分分析してみました
24h カラーコンシーラUVの成分分析してみました
24h コンシーラUVの成分分析してみました
24h UVベースローションの成分分析してみました
24h スティックカバーファンデーションの成分分析してみました
24h ノンナノパウダーファンデーションセットの成分分析してみました
24h パウダーファンデーションセットの成分分析してみました
24h ノンドライフェイシャルソープの成分分析してみました
24h リッチモイストミスト(化粧水)の成分分析をしてみました
24h リッチモイストエッセンス(美容液)の成分分析してみました
24h ウィズミーバームの成分分析してみました
24h ノンドライクレンジングの成分分析してみました
24h ナチュラルリップエッセンスの成分分析してみました
24h オールインワン ナチュラルクリームの成分分析してみました
24h ナチュラルソープ&クレンジングの成分分析してみました
プレミアム オールインワンナチュラルクリームの成分分析してみました


プロフィール

こんにちは、ミオです。
安全な化粧品を選びたいと苦節10年。宣伝に踊らされず、自分の肌に合った安全な化粧品を選びたいと思っています。
安全な化粧品を使いたい!
この気持ちを大切に、トライアル基礎化粧品の成分や毒性を化粧品辞書で独自調査していきます!
【評価基準】
●毒性のある成分が少ないか
合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどの配合が少ないか、化粧品毒性判定事典を参考に調査していきます
●使い勝手はいいか
面倒な手間がないか実際に使ってみます。
●使い心地はいいか
あまり匂いがきつくなく、肌触り、使用感が心地いい物が好きです。

▼ご相談はこちらから▼

記事総数: 217
コメント総数: 0
安全なスキンケアランキング
ウェブページ