24h テイストミーリップグロスの成分分析してみました

24h コスメの「24h テイストミーリップグロス」の成分について調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら

ヒマシ油

柔軟効果に優れ、唇の粘膜に親和性が高い成分です。トウダイグサ科植物トウゴマの種子を圧縮して得られる液状オイルです。

野菜油

油剤、閉塞剤です。

ラノリン

肌になじみやすく、角層から水分が蒸発することを防ぐエモリエント剤です。肌を柔軟にする働きもあります。

キャンデリラロウ

固形状のオイルです。口紅やペンシル状の製品形状を安定して保つために使われます。

オリーブ油

エモリエント成分です。モクセイ科植物オリーブの熟した果実から採取したオイルです。肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れています。

ブドウ種子油

ブドウ科植物ブドウの種子から抽出した液状オイルです。抗酸化作用やビタミンEのフリーラジカル消去作用があるので、単なる柔軟・保護成分として用いられるのではなく、積極的なトリートメント効果が期待できます。感触はさらりとした肌へのなじみが良い液状オイルなので、感触改良のためにも配合されます。

ダイズステロール

エモリエント成分です。植物界に広く分布している植物性ステロール類です。コレステロールと同じように、液状オイルに溶かして角層になじませると、水分の蒸発を強力に抑える働きがあります。乾燥から肌を守るために配合されています。乳化の安定性を高めるためにも配合されています。

アボカド油

エモリエント成分です。皮膚になじみやすく、肌を柔らかくする働きがあります。クスノキ科植物アボカドから得られるオイルです。

オレンジ油

エモリエント成分です。ミカン科植物オレンジ、またはシトラス属に含まれる果皮から得られるかんきつ系の匂いがするオイルです。肌の柔軟効果に加え、心地よい柑橘系の香りを特徴とします。

(+/-)マイカ

着色成分です。真珠光沢のツヤと輝きを与えるメイクアップに使用されます。

酸化チタン

精製方法や粉末の大きさによっていくつかの性質があります。基礎化粧品(主に日焼け止め)に使用されている酸化チタンは、紫外線防御成分として使われています。紫外線遮断効果に優れ、微粒子なので肌に均一に伸ばすことで、より透明感のある仕上がりとなり、不自然な白浮きのない日焼け止め(サンカット製品)です。

酸化鉄

着色成分です。赤色・黄色・黒色の顔料として混合して様々な発色を目的に使われています。安全性も化学的な安定性も高い原料です。

カルミン

口紅、頬紅などの赤色色素です。

酸化スズ

顔料、充填剤、不透明化剤です。

24h コスメの「24h テイストミーリップグロス」の毒性は安全です。

成分中の+/-は、色の番号によって、配分量に増減があることを示したものです。(24h cosmeに回答頂きました)

酸化チタンのナノ化(粒子を小さくする)が問題視されていますが、このファンデーションは酸化チタンの粒子も大きいものを使っているそうです。

24hコスメは、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成防腐剤を使用していません。

ファンデーションやアイカラーなどがCMで有名ですがスキンケアも安全に配慮した成分で作られています。

ミオのサイト内24hコスメ製品の一覧へ(成分分析のページに飛ぶリンク一覧です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です