アミノリセ 美容液の成分を調べてみました

アミノリセの美容液(ナチュラルモイストエッセンス)について調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら




溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

コメ発酵液

肌荒れを防ぐ効果があります。この成分は医薬部外品です。イネ科植物イネ種子コメの胚乳をアルコール発酵して抽出したエキスです。

プロパンジオール
毒性不明
保湿性です。

乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス

酸化防止剤です。

グリセリン

保湿成分です。無色のやや粘性のある液体で、水分を吸収する性質があります。吸水性が高いことから、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで幅広く配合されています。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料です。天然の油脂類の多くは脂肪酸とグリセリンの化合物です。そのため、天然油脂類をアルカリでケン化させたときに石鹸成分と共に出来ます。

BG

保湿成分です。やや粘性のある透明な液体です。グリセリンと同様に水分を吸収する働きがあり、乾燥から肌を守る働きがあります。グリセリンに比べてベタツキが無いのが特長です。

ウワウルシ葉エキス

美白効果、収斂効果、消炎効果があります。アルブチンやエラゲ酸はメラニン色素の合成を抑制する働きがあります。ツツジ科植物ウワウルシ、別名クマコケモモの葉から抽出されたエキスです。

アセチルヒアルロン酸Na

保湿効果が優れています。角質柔軟効果がヒアルロン酸Naより高いです。

加水分解ヒアルロン酸
毒性不明
ヒアルロン酸は保湿効果に優れています。

コメヌカエキス

保湿効果があり、乾燥から肌を守ります。イネ科植物イネの米ぬかから抽出したエキスです。

グリチルリチン酸2K

肌荒れ改善成分です。マメ科植物カンゾウ(甘草)の根、または茎から抽出し精製したグリチルリチン酸のカリウム塩です。強力な消炎効果があり、肌荒れを防ぎ健康的な肌を維持する目的で使われています。その他、ニキビの予防や悪化を防ぐ目的でも配合されいることがあります。界面活性剤としての効果もあるので、天然成分だけで作る乳化製品にも使われています。アルカリ中和タイプの増粘剤と一緒に使うとゲル構造が壊れて粘度が低下します。

ポリ-γ-グルタミン酸Na

合成ポリマーです。

キサンタンガム

安定化成分です。水溶液は非常に粘性があります。乳化の安定を高めたり、感触の改良の目的で配合されます。肌表面で保護膜を作り保湿性が高いです。

アミノリセ、美容液の毒性は安全です。

保湿成分を中心に、美白効果のある成分も配合されています

美容液で安全なものはなかなか見つけられなかったので、嬉しい発見です。