アミノリセ 乳液の成分を調べてみました

アミノリセの乳液(ナチュラルモイストエマルジョン)について調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら



溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

コメ発酵液

肌荒れを防ぐ効果があります。この成分は医薬部外品です。イネ科植物イネ種子コメの胚乳をアルコール発酵して抽出したエキスです。

BG

保湿成分です。やや粘性のある透明な液体です。グリセリンと同様に水分を吸収する働きがあり、乾燥から肌を守る働きがあります。グリセリンに比べてベタツキが無いのが特長です。

スクワラン

エモリエント成分です。皮膚に対する浸透力が良く、ベタツキのない特性があります。そのままでマッサージ用のオイルとしたり、感触の改良のために使われています。もともとは深海鮫の肝臓油から作られていましたが、近年の植物性原料ブームで植物性スクワランを配合した製品が増えつつあります。

グリセリン

保湿成分です。無色のやや粘性のある液体で、水分を吸収する性質があります。吸水性が高いことから、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで幅広く配合されています。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料です。天然の油脂類の多くは脂肪酸とグリセリンの化合物です。そのため、天然油脂類をアルカリでケン化させたときに石鹸成分と共に出来ます。

ラウリン酸スクロース

界面活性剤です。乳化剤として皮膚を滑らかでしなやかにし、皮膚や粘膜に対しての刺激性が低いです。柔軟剤や保湿剤としても効力があります。

コメヌカ油

肌を柔らかくし、保湿効果に優れています。イネ科植物イネの米ぬかから得られた液状のオイルです。

ジパルミトイルヒドロキシプロリン

保湿効果、アンチエイジング効果があります。ヒドロキシプロリンより経皮吸収力があります。

オリザノール

血液の循環を促進する働きがあります。肌荒れの予防にも効果的です。米胚芽に含まれている油溶性の生理活性成分です。

加水分解コラーゲン

保湿性に優れ、肌や毛髪の表面でしなやかな保護膜を作るので保護効果に優れています。加水分解の方法によってコラーゲン分子の大きさが異なり、小さなものは角層の内部に浸透する保湿柔軟効果の高いものもあります。

ヒアルロン酸Na

保湿成分です。ニワトリのトサカから抽出されます。ヒアルロン酸分子の中に非常に多量の水分を含む事ができ、その性質から強力な保湿成分としての応用が盛んになっています。乾燥から肌を守り、キメの整った肌を維持、回復する目的で配合されています。感触改良のためにも配合されることがあります。

トコフェロール

生理活性成分です。黄色~黄褐色のやや粘性のある液体です。還元力の強い成分で、抗酸化作用があり、エイジングや炎症の原因の一つであるフェリーラジカルを消去したり、過酸化脂質の発生を防ぎます。また、皮膚の血液循環を良くする働きもあります。

チョウジエキス

抗菌効果、鎮静効果があります。フトモモ科植物チョウジノキの開花直前の蕾を乾燥させたものから抽出したエキスです。

カワラヨモギエキス

消炎効果、抗菌効果があり、肌を清潔に保つ効果、肌荒れを防ぐ効果があります。キク科植物カワラヨモギから抽出したエキスです。

カルボマー

安定化成分です。水以外の液体も増粘させる事ができ、アルコール類や多くの高分子原料ともよく混ざり合います。増粘効果に優れているので、乳化系や分散系の安定化や感触の調整目的で配合されています。微生物汚染にも強いのがもう一つの特徴です。

カプリル酸グリセリル

合成界界面活性剤、乳化剤です。

ラウリン酸ポリグリセリル-10

非イオン性界面活性剤です。

水酸化K

洗顔料の界面活性剤や、乳化の安定性を高めるために使われています。アルカリ性です。

エタノール

基材成分です。また、肌の引き締め作用、様々な成分の溶解を助ける作用、防腐作用があります。アルコールは配合量によりその主な働きや安全性の度合いが違います。また、一緒に配合される他の成分の影響も受けていますので、一概にアルコールが入っているものを刺激が強いと思うのは誤りです。

アミノリセ、乳液の毒性は安全とは言い難いところです。

乳化の安定のために、界面活性剤を使用している事が毒性数値を高めていると思われます

全体的には、保湿を中心に、肌を元気にする成分が配合されています。