Top >>  スキンケア  >> SPFとPAの違い

SPFとPAの違い

こんにちは。ミオです。

雨だから、曇りだからと日焼け止めを疎かにしていませんか?

曇りでも紫外線は降り注いでいますので、お気を付けください^^

日焼け止めには、SPFPAという記述がありますね。

どのように違うのか、今日はそのお話しをしてみようと思います。


PAは、Protection grade of UVAの略です。

UVA防止効果の程度を表しています。

UVAとは、紫外線のひとつで、肌の奥まで届きシワやシミの原因となります。

防止効果の程度は、+(プラス)で表記されます。

+が多いほど防止効果は高くなり、+++(スリープラス)が最大です。

SPFは、Sun protection Factorの略です。

UVB防止効果の程度を表しています。

UVBも紫外線の一つで、日焼けによる急性の炎症(サンバーン)や、数日後に肌が黒くなる黒化(サンタン)を起こします。

防止効果の程度は、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に伸ばせるかを示す指数で表されます。

日焼け止めを塗った肌が赤くなるまでに必要なUVBの量
SPF = -----------------------------------------------------
素肌が赤くなるまでに必要なUVBの量


例えば、素肌が太陽光を浴びると20分で赤くなると仮定すると、
SPF値30の日焼け止めを使用すれば、
20×30=600分(約10時間)は赤くならない防止力があると言う事です。

ただし、高いSPF値や高いPAの製品を使用しても、汗や皮脂で崩れると日焼けします。

汗をかいたり、手を洗った後はつけ直すことが大切です。


また、室内にいても窓から紫外線は入ってきます。

ちょっとした買い物や洗濯物を干す時などに浴びる紫外線もあります。

このようなちょっとした紫外線が気がつかないうちに蓄積されていきますので、断固として日焼けしたくない方は、ご注意ください。

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

スキンケア

関連エントリー

初秋のスキンケア
日焼け後のケアは?
化粧品を選ぶ基準を考え直してみましょう
7月のスキンケア対策は?
お肌のPHバランスを整えるカギは
かくれ乾燥の原因は?
鼻の化粧崩れ防止策
角質ケアは潤いがポイント
ニキビ跡はビタミンCとターンオーバーが鍵です
春の紫外線は要注意!日常でおススメのSPFは?
春のニキビケア
エモリエント成分とは
花粉が本格化する前にスキンケアの見直しを!
アレがじわじわ増えてくる季節です
気になるマッサージ「かっさ」
寒い冬はスチーマーで乗り切る!?
あけましておめでとうございます
冬はクリームがおススメ
【Q&A】初めてのスキンケア
スペシャルケア:皮膚の新陳代謝を活発にする
スキンケアの基本 皮膚を外敵から守る
スキンケアの基本 お肌をしっとり保つ
スキンケアの基本 汚れのスペシャルケア
スキンケアの基本 汚れを取り除く
自宅でできるマッサージ
クマリンは植物に含まれる成分です
合成界面活性剤とお肌のお話
朝洗顔はお湯やお水で大丈夫?
冬のお肌活性化方法!?
朝洗顔は面倒ですか?
秋の乾燥にはやっぱりコレ!
秋のスキンケアには角質ケアもお忘れなく♪
日焼けケアは秋が大切です
秋初め 目元ケアは気にしてますか?
コットン派?素手派?
SPFとPAの違い
アルコールフリーの収れん化粧水ご紹介
美肌のために気を付ける生活習慣
冬のスキンケアは保湿&血行促進
秋のスキンケアは美白&角質ケア&保湿
夏のスキンケアは洗顔&UVケア&日焼けケア
春のスキンケアは保湿&UVケア&洗顔


プロフィール

こんにちは、ミオです。
安全な化粧品を選びたいと苦節10年。宣伝に踊らされず、自分の肌に合った安全な化粧品を選びたいと思っています。
安全な化粧品を使いたい!
この気持ちを大切に、トライアル基礎化粧品の成分や毒性を化粧品辞書で独自調査していきます!
【評価基準】
●毒性のある成分が少ないか
合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどの配合が少ないか、化粧品毒性判定事典を参考に調査していきます
●使い勝手はいいか
面倒な手間がないか実際に使ってみます。
●使い心地はいいか
あまり匂いがきつくなく、肌触り、使用感が心地いい物が好きです。

▼ご相談はこちらから▼

記事総数: 217
コメント総数: 0
安全なスキンケアランキング
ウェブページ