Top >>  本サイトの成分調査ポリシー  >> 化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシー

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシー

2001年4月より化粧品の品目ごとの承認・許可制が廃止され、一部の配合禁止品目配合制限のある成分を除いて届け出制になりました。

使用できる化粧品原料(成分)も拡大され、その代わり化粧品に配合される全成分が容器に表示されることになりました。

2006年4月より、医薬部外品も化粧品業界の自主基準として全成分表示性が導入
されています。

製品に全成分を表示する際のルールです。

1.全ての成分を容器に表示する

     ※容器が小さい場合は添付または付属する文書に代えることが可能

2.配合量の多い順に記載する

3.1%未満の成分は順不同でかまわない

4.混合成分は分けて表示する

5.着色料は最後にまとめて記載する

6.メイコンテイン表示

     ※あるシリーズに使われている色剤をすべて表示し、
      各化粧品がそのうちどれかを配合している事を示す
      のがメイコンテイン表示です。


本サイトでは、各製品の全成分を調査します。
本サイトの成分調査ポリシーは、

1.各成分の毒性判断を「自分で調べて視点で着る化粧品毒性判断時点」で
行います。

2.成分の配合目的を記載します。
成分の配合目的は、3つの本を参照しています。
まず「化粧品成分ガイド第5版」で調べます。
「化粧品成分ガイド第5版」に書かれていない時は「化粧品成分用語辞典」を調べます。
「化粧品成分用語辞典」に書かれていない時は「自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典」の内容を記載します。
全てに書かれていない時は何も記載しません。


3.製品の合計毒性■数を記載します。

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

本サイトの成分調査ポリシー

関連エントリー

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシー


プロフィール

こんにちは、ミオです。
安全な化粧品を選びたいと苦節10年。宣伝に踊らされず、自分の肌に合った安全な化粧品を選びたいと思っています。
安全な化粧品を使いたい!
この気持ちを大切に、トライアル基礎化粧品の成分や毒性を化粧品辞書で独自調査していきます!
【評価基準】
●毒性のある成分が少ないか
合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどの配合が少ないか、化粧品毒性判定事典を参考に調査していきます
●使い勝手はいいか
面倒な手間がないか実際に使ってみます。
●使い心地はいいか
あまり匂いがきつくなく、肌触り、使用感が心地いい物が好きです。

▼ご相談はこちらから▼

記事総数: 217
コメント総数: 0
安全なスキンケアランキング
ウェブページ