Top >>  オゾン化粧品  >> オゾン化粧品 クレンジングの成分を調べてみました

オゾン化粧品 クレンジングの成分を調べてみました

オゾン化粧品の化粧落とし(クレンジングジェル)について調べてみました。


化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら





溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

オゾン化グリセリン
毒性不明
保湿効果、殺菌効果、抗酸化作用が期待できます。

BG

保湿成分です。やや粘性のある透明な液体です。グリセリンと同様に水分を吸収する働きがあり、乾燥から肌を守る働きがあります。グリセリンに比べてベタツキが無いのが特長です。

アルギニン

保湿成分です。水溶液はアルカリ性です。保湿効果の目的で配合される他、アミノ酸の中では最もアルカリ度のが高いので、乳化の時などにアルカリ剤として使います。体内での代謝の中で尿素やコラーゲンを作るのに関係しています。

カルボマー

安定化成分です。水以外の液体も増粘させる事ができ、アルコール類や多くの高分子原料ともよく混ざり合います。増粘効果に優れているので、乳化系や分散系の安定化や感触の調整目的で配合されています。微生物汚染にも強いのがもう一つの特徴です。

コカミドDEA

合成界面活性剤・洗浄成分です。ヤシ脂肪酸のジエタノールアミドを縮合して得られる洗浄成分です。洗浄力が強いです。

フェノキシエタノール

防腐・殺菌成分です。わずかに特異なにおいのある透明な液体です。グラム陰性菌にたいして強い抑制効果があります。ポティブリストの原料なので配合規制があります。

グリチルリチン酸2K

肌荒れ改善成分です。マメ科植物カンゾウ(甘草)の根、または茎から抽出し精製したグリチルリチン酸のカリウム塩です。強力な消炎効果があり、肌荒れを防ぎ健康的な肌を維持する目的で使われています。その他、ニキビの予防や悪化を防ぐ目的でも配合されいることがあります。界面活性剤としての効果もあるので、天然成分だけで作る乳化製品にも使われています。アルカリ中和タイプの増粘剤と一緒に使うとゲル構造が壊れて粘度が低下します。

ラウラミドDEA

非イオン性界面活性剤です。

褐藻エキス

保湿剤、皮膚柔軟化剤です。


オゾン化粧品、クレンジングの毒性は安全と言い難いところです。

油分を一切使わず、界面活性剤でメイクを落としていくジェルタイプのクレンジングです。

コカミドDEAは私の調べた本では合成界面活性剤と記されていましたが、ヤシ脂肪酸のジエタノールアミドを縮合して得られるものでです。
化学合成して作られる界面活性剤ではないので、合成界面活性剤不使用と記載されているのだと思われます。(ミオの憶測です)

クレンジング   洗顔料   化粧水   美容液   クリーム


ヴァージンメディカル オゾン化粧品トライアルセット

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

オゾン化粧品

関連エントリー

オラクル1位返り咲き! そのわけは?
オゾン化粧品 使ってみました
オゾン化粧品のトライアルが届きました
オゾン化粧品 クリームの成分を調べてみました
オゾン化粧品 美容液の成分を調べてみました
オゾン化粧品 化粧水の成分を調べてみました
オゾン化粧品 保湿石鹸の成分を調べてみました
オゾン化粧品 クレンジングの成分を調べてみました


プロフィール

こんにちは、ミオです。
安全な化粧品を選びたいと苦節10年。宣伝に踊らされず、自分の肌に合った安全な化粧品を選びたいと思っています。
安全な化粧品を使いたい!
この気持ちを大切に、トライアル基礎化粧品の成分や毒性を化粧品辞書で独自調査していきます!
【評価基準】
●毒性のある成分が少ないか
合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどの配合が少ないか、化粧品毒性判定事典を参考に調査していきます
●使い勝手はいいか
面倒な手間がないか実際に使ってみます。
●使い心地はいいか
あまり匂いがきつくなく、肌触り、使用感が心地いい物が好きです。

▼ご相談はこちらから▼

記事総数: 217
コメント総数: 0
安全なスキンケアランキング
ウェブページ