Top >>  オゾン化粧品  >> オゾン化粧品 クリームの成分を調べてみました

オゾン化粧品 クリームの成分を調べてみました

オゾン化粧品のクリームについて調べてみました。


化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら



オゾン化グリセリン
毒性不明
保湿効果、殺菌効果、抗酸化作用が期待できます。

PEG400

合成ポリマー、結合剤です。

PEG4000

合成ポリマーです。


3つのうち2つが合成ポリマーなので安全とは言い難いととるか、界面活性剤やらいろいろ入っていないので安全と見るかは受け取り方次第ですね。

今までの化粧品と同じ判定をすると、オゾン化粧品、クリームの毒性は安全です。

ビックリするほどシンプルなクリームです。

おそらく、2つの合成ポリマーはオゾン化グリセリンを安定させるためのものと思われます

クレンジング   洗顔料   化粧水   美容液   クリーム


ヴァージンメディカル オゾン化粧品トライアルセット

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

オゾン化粧品

関連エントリー

オラクル1位返り咲き! そのわけは?
オゾン化粧品 使ってみました
オゾン化粧品のトライアルが届きました
オゾン化粧品 クリームの成分を調べてみました
オゾン化粧品 美容液の成分を調べてみました
オゾン化粧品 化粧水の成分を調べてみました
オゾン化粧品 保湿石鹸の成分を調べてみました
オゾン化粧品 クレンジングの成分を調べてみました


プロフィール

こんにちは、ミオです。
安全な化粧品を選びたいと苦節10年。宣伝に踊らされず、自分の肌に合った安全な化粧品を選びたいと思っています。
安全な化粧品を使いたい!
この気持ちを大切に、トライアル基礎化粧品の成分や毒性を化粧品辞書で独自調査していきます!
【評価基準】
●毒性のある成分が少ないか
合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどの配合が少ないか、化粧品毒性判定事典を参考に調査していきます
●使い勝手はいいか
面倒な手間がないか実際に使ってみます。
●使い心地はいいか
あまり匂いがきつくなく、肌触り、使用感が心地いい物が好きです。

▼ご相談はこちらから▼

記事総数: 217
コメント総数: 0
安全なスキンケアランキング
ウェブページ