Top >>  フラセラ  >> フラセラ クリアソープの成分を調べてみました

フラセラ クリアソープの成分を調べてみました

フラセラのクリアソープについて調べてみました。


化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら



TEA

添加成分です。無色~薄黄色をした粘性のある液体です。吸湿性があり、わずかにアンモニア様のにいおいがあります。アルカリ性の中和剤として使われて、脂肪酸との塩やカルボマーなどの中和によるゲル化に使われています。

ステアリン酸

乳化成分です。牛脂やヤシ油からケン化分解して脂肪酸を得て、ステアリン酸として精製された白色の薄片状の結晶です。アルカリと一緒に配合して石鹸を作ったり、乳化成分としてクリームや乳液に広く使われています。また、クリームにおいては固形状オイルとして、コクのある感触や安定性を増すために使われる事もあります。

グリセリン

保湿成分です。無色のやや粘性のある液体で、水分を吸収する性質があります。吸水性が高いことから、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで幅広く配合されています。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料です。天然の油脂類の多くは脂肪酸とグリセリンの化合物です。そのため、天然油脂類をアルカリでケン化させたときに石鹸成分と共に出来ます。



溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

ミリスチン酸

ヤシ油やパーム核油を加水分解・蒸留精製して得られます。おだやかな洗浄性や泡立ちの面から、石鹸の原料の中で最も優れていると言われています。

パルミチン酸

安定化成分です。乳液やクリームなどの乳化製品のベース構造を安定にする目的で配合されます。また、アルカリ塩として洗浄成分や乳化成分としても使われています。

水酸化Na

添加成分です。洗顔料などの界面活性剤として使われています。そのほか、乳化の安定性を高めるために配合されています。強アルカリです。

ラウリン酸

洗浄成分です。自然界に広く分布している飽和脂肪酸の一つです。カリウム塩やナトリウム塩などのアルカリ石鹸の形で使われています。

スクロース

保湿成分です。保湿効果が高いがベタツキがありますが、他の保湿成分と組み合わせることによって強い保護効果を発揮する事が出来ます。微生物による汚染に注意する必要があります。

ソルビトール

保湿成分です。保湿効果が高く、乾燥から肌を守る目的で配合されています。

グリコール酸

角層柔軟成分です。サトウキビやブドウの実や葉などに含まれている有機酸です。角層の柔軟効果や除去効果があり、乾燥などでざらついた肌を滑らかに整えるために配合されています。近年ではケミカルピーリング剤として医療に使われる場合が多い原料です。

PG

保湿成分です。保湿効果があるので、乾燥から肌を守る働きがあります。物質を溶かしやすい性質を持っているので、溶解補助剤としても使われています。微生物の繁殖を抑えるので、製品の防腐性を高めるためにも利用されます。

エタノール

基材成分です。また、肌の引き締め作用、様々な成分の溶解を助ける作用、防腐作用があります。アルコールは配合量によりその主な働きや安全性の度合いが違います。また、一緒に配合される他の成分の影響も受けていますので、一概にアルコールが入っているものを刺激が強いと思うのは誤りです。

グレープフルーツ果皮油

グレープフルーツ果皮の圧搾によって得られます。リンパ系を刺激し、体液の流れをコントロールする働きがあります。肥満と体内の水分の滞り解消に効果があります。また、利尿作用があることからセルライトを改善するのにも有効です。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

美白成分です。ビタミンC(アスコルビン酸)は水溶性で、しかも水溶液では不安定な性質を持っています。美白効果目的で配合されています。油溶性ビタミンC誘導体として近年話題を集め、美白効果の製品の範囲を広げています。

パパイン
(溶解目的なら無印)
角層柔軟成分です。パパイヤ科植物パパイヤの果実から抽出、精製されたタンパク質分解酵素です。特異なにおいがあります。分解するタンパク質のタイプが幅広いので、角層細胞のタンパク質を分解し、古い角層を除去する働きに優れています。毛穴にたまった角栓を除く目的で使われています。

オリーブ葉エキス

生理活性成分です。モクセイ科植物オリーブの葉から抽出したエキスです。抗菌効果、消炎効果があり、肌荒れに負けない健康な肌や毛髪を維持する目的で配合されています。

ホホバ葉エキス

シムモンドシア科植物ホホバの葉から抽出したエキスです。高い抗酸化力を持ち、脂質の過酸化、タンパク質の変性、酵素の失活、さらに老化に深く関わる活性酸素を阻害するSOD同様の活性を備えています。また、ラジカル消去活性においても、植物抽出液の中で比較的高い活性を示します。さらに、日焼けやシミ、ソバカスのげんいんであるメラニンの産生を抑制するチロシナーゼ活性阻害が高く、美白効果が期待できます。

水酸化K

添加成分です。洗顔料などの界面活性剤として使われています。そのほか、乳化の安定性を高めるために配合されています。

BG

保湿成分です。やや粘性のある透明な液体です。グリセリンと同様に水分を吸収する働きがあり、乾燥から肌を守る働きがあります。グリセリンに比べてベタツキが無いのが特長です。

デキストリン

デンプンを加水分解しマルトースになるまでの中間生成物です。保湿性の増粘成分としてコクのある感触を出すために使われています。ベタツキのある原料で、他の保湿成分と組み合わせることで保湿効果と感触のユニークな特性を出せる可能性を持っています。

EDTA-2N
毒性不明
ただ今調査中です。


フラセラ、クリアソープの毒性は安全です。

角質を柔らかくして、洗浄し、保湿する石鹸のようです。

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

フラセラ

関連エントリー

フラセラ 成分を調べてみました
フラセラ クリームの成分を調べてみました
フラセラ 美容液の成分を調べてみました
フラセラ 化粧水の成分を調査しました
フラセラ クリアソープの成分を調べてみました
フラセラ クレンジングジェルの成分を調べてみました


プロフィール

こんにちは、ミオです。
安全な化粧品を選びたいと苦節10年。宣伝に踊らされず、自分の肌に合った安全な化粧品を選びたいと思っています。
安全な化粧品を使いたい!
この気持ちを大切に、トライアル基礎化粧品の成分や毒性を化粧品辞書で独自調査していきます!
【評価基準】
●毒性のある成分が少ないか
合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどの配合が少ないか、化粧品毒性判定事典を参考に調査していきます
●使い勝手はいいか
面倒な手間がないか実際に使ってみます。
●使い心地はいいか
あまり匂いがきつくなく、肌触り、使用感が心地いい物が好きです。

▼ご相談はこちらから▼

記事総数: 217
コメント総数: 0
安全なスキンケアランキング
ウェブページ