Top >>  Dプログラム  >> 資生堂 Dプログラム アクネケアを使ってみました

資生堂 Dプログラム アクネケアを使ってみました

資生堂が化粧品のオンラインショップを開いたそうです。

その中でも、低刺激・敏感肌用にDプログラムというシリーズがあります。

Dプログラムは、洗顔は全て共通していて、ローションとエマルジョン(乳液)がお肌のお悩みごとに分かれているシリーズです。

私は、寝不足が続いたり、食生活が乱れるとニキビがでやすいので、Dプログラム アクネケアを試してみました。

トライアルはWEB限定ですよ♪

商品注文から到着までは、最短で2日程度のようです。

今回は指定日&指定時間配達で注文しました^^

注文するときには資生堂のオンラインページに会員登録しないといけません。

会員費は必要ありませんよ^^

Dプログラムの内容は、洗顔・化粧水・乳液と、とってもシンプルです。

資生堂 dプログラム アクネケア トライアルセット

各成分は以下の通りです。

コンディショニングウォッシュ
分析結果:

アクネケア ローション
分析結果:

アクネケア エマルジョン
分析結果:

その他に、試供品が複数入っていました。

資生堂 dプログラム アクネケア トライアルセット


使った順に書いていきますね。

まずは、洗顔です。

資生堂 dプログラム アクネケア トライアルセット

使用の目安は2cm程度です。

水で湿らせた手で、空気を含ませるように泡立てるようです。

こういうとき、一つ泡立てネットを持っていると重宝しますよ♪

泡はつぶれにくく、顔全体をしっかり洗ってもまだ弾力が残っていました。

洗い上がりはさっぱりです。


次は、化粧水です。

資生堂 dプログラム アクネケア トライアルセット

「はじめに開けるときは、強くキャップをまわしてください」と書かれています。

ですが、最初私は黄色いところを一生懸命回してしまいました。

キャップは、白いところだけです^^;


資生堂 dプログラム アクネケア トライアルセット

使用の目安は500円玉程度。

さらっとして、すぐにお肌になじみました。

ガイドブックには、マッサージのような手順で化粧水をつける方法が書かれていましたが、中心から外側に向けて優しく全体につければ問題ないです^^

最後、乳液です。

資生堂 dプログラム アクネケア トライアルセット

使用の目安は、10円玉程度です。

化粧水よりは若干、白濁色ですが、さらっとしていて伸びが良いです。


一通り使ってみた感想は、

無臭で手順も簡単で使いやすいです^^

成分からみると使い続けるのは少し躊躇してしまう印象がありますが、続けていくとニキビの予防に効くかもしれません。

アクネケア以外のトライアルをお使いの方、感想をお待ちしています♪


資生堂 dプログラム アクネケア トライアルセット

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

Dプログラム

関連エントリー

資生堂 Dプログラム モイストケアの感想
資生堂 Dプログラム アクネケアを使ってみました
資生堂 Dプログラム アクネケア ローションの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム アクネケア エマルジョンの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム モイストケア ローションの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム モイストケア エマルジョンの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バランスケア ローションⅡ(しっとり感触タイプ)の成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バランスケア エマルジョンⅡ(しっとり感触タイプ)の成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バランスケア ローションⅠ(さっぱり感触タイプ)の成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バランスケア エマルジョンⅠ(さっぱり感触タイプ)の成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バイタルアクト ローションⅡの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バイタルアクト エマルジョンの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム コンディショニングウォッシュの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム コンディショニングソープの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム ディープクレンジングオイルの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム マイルドクレンジングジェルの成分を調べてみました


プロフィール

こんにちは、ミオです。
安全な化粧品を選びたいと苦節10年。宣伝に踊らされず、自分の肌に合った安全な化粧品を選びたいと思っています。
安全な化粧品を使いたい!
この気持ちを大切に、トライアル基礎化粧品の成分や毒性を化粧品辞書で独自調査していきます!
【評価基準】
●毒性のある成分が少ないか
合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどの配合が少ないか、化粧品毒性判定事典を参考に調査していきます
●使い勝手はいいか
面倒な手間がないか実際に使ってみます。
●使い心地はいいか
あまり匂いがきつくなく、肌触り、使用感が心地いい物が好きです。

▼ご相談はこちらから▼

記事総数: 217
コメント総数: 0
安全なスキンケアランキング
ウェブページ