Top >>  Dプログラム  >> 資生堂 Dプログラム コンディショニングウォッシュの成分を調べてみました

資生堂 Dプログラム コンディショニングウォッシュの成分を調べてみました

資生堂 Dプログラム コンディショニングウォッシュについて調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら



溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

ミリスチン酸

ヤシ油やパーム核油を加水分解・蒸留精製して得られます。おだやかな洗浄性や泡立ちの面から、石鹸の原料の中で最も優れていると言われています。

グリセリン

保湿成分です。無色のやや粘性のある液体で、水分を吸収する性質があります。吸水性が高いことから、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで幅広く配合されています。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料です。天然の油脂類の多くは脂肪酸とグリセリンの化合物です。そのため、天然油脂類をアルカリでケン化させたときに石鹸成分と共に出来ます。

ソルビトール

保湿成分です。保湿効果が高く、乾燥から肌を守る目的で配合されています。

PEG-6

合成ポリマー、溶剤です。

PEG-32

合成ポリマー、結合剤です。

水酸化K

添加成分です。洗顔料などの界面活性剤として使われています。そのほか、乳化の安定性を高めるために配合されています。

ステアリン酸

乳化成分です。牛脂やヤシ油からケン化分解して脂肪酸を得て、ステアリン酸として精製された白色の薄片状の結晶です。アルカリと一緒に配合して石鹸を作ったり、乳化成分としてクリームや乳液に広く使われています。また、クリームにおいては固形状オイルとして、コクのある感触や安定性を増すために使われる事もあります。

パルミチン酸

安定化成分です。乳液やクリームなどの乳化製品のベース構造を安定にする目的で配合されます。また、アルカリ塩として洗浄成分や乳化成分としても使われています。

ココアンホ酢酸Na

両性界面活性剤です。硬水でも洗浄できます。肌に潤いと柔軟性を与えながら、刺激や溶解性があまりない優しい洗顔が期待できます。

イソステアリン酸PEG-60グリセリル

合成界面活性剤、乳化剤です。

ステアリン酸グリセリル(SE)

乳化成分です。特に乳化の安全性を高めるために補助的に使われることがある成分です。

エリスリトール

メロンやナシ、ワイン、清酒、味噌などに多く含まれる糖アルコールです。ゼロカロリー甘味料ですが、保湿剤として化粧品への応用が進んでいます。

ミツロウ

ミツバチの巣を溶解させてロウ分を採取して精製したものです。古くから化粧品に使われている原料で、乳化成分としてホウ砂と一緒に使われていました。現在では、ベースの形状や感触の調整に使われることが多い安定化成分です。

キシリトール

保湿効果が高く、乾燥から肌を守るはたらきがあります。香料の保持効果もあります。

ココイルメチルタウリンNa

アニオン界面活性剤の代表的なタイプの一つです。安全性が高く、泡立ちが良く、汚れも良く落とせます。

ポリクオタニウム-6

陽イオン界面活性剤です。

トコフェロール

生理活性成分です。黄色~黄褐色のやや粘性のある液体です。還元力の強い成分で、抗酸化作用があり、エイジングや炎症の原因の一つであるフェリーラジカルを消去したり、過酸化脂質の発生を防ぎます。また、皮膚の血液循環を良くする働きもあります。肌荒れを防ぐ目的、エイジングケア目的、血色を良くしクスミを改善する目的などで使用されます。


資生堂 Dプログラム コンディショニングウォッシュは、安全とは言い難いです。
Dプログラムの成分はこちら
<共通>
マイルドクレンジングジェル
ディープクレンジングオイル
コンディショニングソープ
コンディショニングウォッシュ

<アクネケア>
アクネケア ローション
アクネケア エマルジョン

<バランスケア>
バランスケア ローションⅠ
バランスケア エマルジョンⅠ
バランスケア ローションⅡ
バランスケア エマルジョンⅡ

<モイストケア>
モイストケア ローション
モイストケア エマルジョン

<エイジングケア>
バイタルアクト ローションⅡ
バイタルアクト エマルジョン

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

Dプログラム

関連エントリー

資生堂 Dプログラム モイストケアの感想
資生堂 Dプログラム アクネケアを使ってみました
資生堂 Dプログラム アクネケア ローションの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム アクネケア エマルジョンの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム モイストケア ローションの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム モイストケア エマルジョンの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バランスケア ローションⅡ(しっとり感触タイプ)の成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バランスケア エマルジョンⅡ(しっとり感触タイプ)の成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バランスケア ローションⅠ(さっぱり感触タイプ)の成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バランスケア エマルジョンⅠ(さっぱり感触タイプ)の成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バイタルアクト ローションⅡの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム バイタルアクト エマルジョンの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム コンディショニングウォッシュの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム コンディショニングソープの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム ディープクレンジングオイルの成分を調べてみました
資生堂 Dプログラム マイルドクレンジングジェルの成分を調べてみました


プロフィール

こんにちは、ミオです。
安全な化粧品を選びたいと苦節10年。宣伝に踊らされず、自分の肌に合った安全な化粧品を選びたいと思っています。
安全な化粧品を使いたい!
この気持ちを大切に、トライアル基礎化粧品の成分や毒性を化粧品辞書で独自調査していきます!
【評価基準】
●毒性のある成分が少ないか
合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどの配合が少ないか、化粧品毒性判定事典を参考に調査していきます
●使い勝手はいいか
面倒な手間がないか実際に使ってみます。
●使い心地はいいか
あまり匂いがきつくなく、肌触り、使用感が心地いい物が好きです。

▼ご相談はこちらから▼

記事総数: 217
コメント総数: 0
安全なスキンケアランキング
ウェブページ