【Q&A】無添加じゃないと肌に悪いの?

こんにちは。ミオです。

今日は、「無添加」についてご質問いただきました。

【ご相談内容】
化粧水とか無添加のものを使ったほうがいいのでしょうが、値段が高いです。

無添加じゃないとなにが肌に悪いんでしょうか?

【お答えいたします】
そうですね。「無添加」とかかれている化粧品はお値段が高い場合が多いですね。

「【Q&A】無添加化粧品でも合成成分が入っていますか?」でも書きましたが、

「無添加」と一口に言いましても、
何が配合されていないかは化粧品によります。

「無添加」と書かれている化粧品の中には、
防腐剤は入っていないけど合成界面活性剤はたくさん配合されているものもあります。

一概に無添加が良いとは言えないと、ミオは感じています。

一方で、無添加と記載していなくてもお肌に良い化粧品もあると思っています。

では、何がお肌に悪いかというと、

合成界面活性剤や合成ポリマー、クマリンなどです。

例えば
化粧品をくさらせないように(防腐剤)
油と水をまぜて 肌になじむように
使い心地よく 保湿力があるように
配合されています。

一般的に、それらは効果をすごく実感しやすいのも確かです。

ですが、使い続けると肌本来の力を失ったり、

光合成によってクマやシミができたりしてしまう事もあります。

そうでなくても、人の肌は年齢とともに徐々に抵抗力がなくなってしまいます。

お化粧品で肌本来の力を弱くし、年齢でお肌の力が衰えていくとどうなるでしょう?

例えば肌色がくすんでしまったり、細かいしわができたりしそうですよね。

ですので、肌にやさしいスキンケアをご紹介させていただいております。

自然成分を使っている化粧品には、

成分を厳選して希少価値のある自然成分や、

抽出方法が難しい自然成分を使用している為に高価になってしまう事もあります。

ですが、宣伝などお金をかけているから高価な場合があるのも事実なんですね。。

CMやパッケージも大切ですが、化粧品の中身を知って、自分のお肌を知って、

ご自信に合う化粧品を見つけていただきたいと願っています。

そのお手伝いが、このサイトでできたら幸いです。