SPFとPAの違い

こんにちは。ミオです。

雨だから、曇りだからと日焼け止めを疎かにしていませんか?

曇りでも紫外線は降り注いでいますので、お気を付けください^^

日焼け止めには、SPFPAという記述がありますね。

どのように違うのか、今日はそのお話しをしてみようと思います。

PAは、Protection grade of UVAの略です。

UVA防止効果の程度を表しています。

UVAとは、紫外線のひとつで、肌の奥まで届きシワやシミの原因となります。

防止効果の程度は、+(プラス)で表記されます。

+が多いほど防止効果は高くなり、+++(スリープラス)が最大です。

SPFは、Sun protection Factorの略です。

UVB防止効果の程度を表しています。

UVBも紫外線の一つで、日焼けによる急性の炎症(サンバーン)や、数日後に肌が黒くなる黒化(サンタン)を起こします。

防止効果の程度は、皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に伸ばせるかを示す指数で表されます。

日焼け止めを塗った肌が赤くなるまでに必要なUVBの量
SPF = —————————————————–
素肌が赤くなるまでに必要なUVBの量

例えば、素肌が太陽光を浴びると20分で赤くなると仮定すると、
SPF値30の日焼け止めを使用すれば、
20×30=600分(約10時間)は赤くならない防止力があると言う事です。

ただし、高いSPF値や高いPAの製品を使用しても、汗や皮脂で崩れると日焼けします。

汗をかいたり、手を洗った後はつけ直すことが大切です。

また、室内にいても窓から紫外線は入ってきます。

ちょっとした買い物や洗濯物を干す時などに浴びる紫外線もあります。

このようなちょっとした紫外線が気がつかないうちに蓄積されていきますので、断固として日焼けしたくない方は、ご注意ください。