サンナチュラルズ 石鹸の成分を調べてみました

サンナチュラルズの石鹸(ピュアジェイソープ)について調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら

2石鹸.JPG

ヤシ油

ラウリン酸が多いため、ヤシ油から作られる石鹸は、冷水によく溶けて泡立ちの良い特性があります。ココヤシの種子より採取される油脂です。

グリセリン

保湿成分です。水分を吸収する性質があります。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料です。天然の油脂類の多くは脂肪酸とグリセリンの化合物です。そのため、天然油脂類をアルカリでケン化させたときに石鹸成分と共に出来ます。

水酸化Na

添加成分です。洗顔料などの界面活性剤として使われています。そのほか、乳化の安定性を高めるために配合されています。強アルカリです。

ピーナッツ油

皮膚に対するエモリエント効果(角層中に含まれる成分が外部へ蒸発するのを防ぐ効果)があります。浸透性はオリーブ油、アルモンド油などと同じ程度です。ラッカセイ(ピーナツ)の種子を圧搾して得られる液体のオイルです。

ダイズ油

肌へのなじみが良く、柔軟効果にも優れているエモリエント成分です。マメ科植物ダイズの種子より得られた液状オイルです。

サフラワー油

柔軟効果があります。比較的サッパリした使用感があります。キク科植物ベニバナの種子から得られた液状オイルです。

ヒマシ油

柔軟効果に優れ、唇の粘膜に親和性が高い成分です。トウダイグサ科植物トウゴマの種子を圧縮して得られる液状オイルです。



溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

ハチミツ

保湿成分です。保湿性に優れているので、乾燥した肌にうるおいを与え、しなやかな状態に維持する目的で配合されています。

ホホバ油

エモリエント成分です。シムモンドシア科植物ホホバの実または種子から抽出した液状のオイルです。さらっとした感触ですが、角層内の水分の蒸発を防ぐ効果が強く、肌荒れから肌を保護する目的で使われています。オイル状の化粧品には感触の改良と肌へのなじみを良くするために使われています。

レシチン

乳化成分です。マメ科植物ダイズより抽出されるものと、卵黄から得られるものがあります。角層になじみやすく細胞間脂質と同様の性質を持ち、優れた保護効果があります。乾燥による肌荒れを防ぎ、柔軟な肌に整える目的で配合されています。

アロエベラエキス-1

保湿効果に優れています。抗炎症効果もあります。水を含むと膨潤してゲル状になる性質があります。

トコフェロール

生理活性成分です。還元力の強い成分で、抗酸化作用があり、エイジングや炎症の原因の一つであるフェリーラジカルを消去したり、過酸化脂質の発生を防ぎます。また、皮膚の血液循環を良くする働きもあります。肌荒れを防ぐ目的、エイジングケア目的、血色を良くしクスミを改善する目的などで使用されます。

ホホバアルコール(バイオファーム)

油剤、親油性増粘剤です。

サボンソウエキス

洗浄効果に優れており、古い角質を取り除く目的にも適しています。なでしこ科植物サボンソウの葉、根などから抽出されたエキスです。

ローズマリーエキス

肌荒れ改善成分です。シソ科植物マンネンロウの葉、花から抽出した芳香性のあるエキスです。消炎効果、抗菌効果、抗酸化効果に優れているので、エイジングケア用、肌荒れ用、ニキビ用として使われています。

カミツレエキス

美白成分です。キク科植物カミツレの花から抽出されたエキスです。一般的にカミツレエキスは消炎効果があり、健康な肌に維持する目的で多くの製品に配合されています。

コンフリーエキス

保湿作用、収斂作用があります。コンフリー(ヒレハリソウ)の成分中に含まれるアラントインには、抗アレルギー作用、細胞増殖作用などの薬理効果もあります。コンフリーの葉から得られるエキスです。

アルニカエキス

消炎効果、鎮静効果、血行促進効果があります。肌荒れ、ニキビなどに効果があります。キク科植物アルニカの花から抽出されます。

レッツホホバ、石鹸(ピュアジェイソープ)の毒性は■0、△5です。

△は2~3個で■1個分なので、■は2つと換算されます。

洗顔料は■4個以上は不可なので、この石鹸は安全です。

肌を柔らかくして、美白・保湿する成分が含まれています。