ブルークレール 石鹸の成分を調べてみました

ブルークレールの石鹸(ティートリーモイストソープ)について調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら


2石鹸.jpg

石けん素地

石鹸成分です。固形状やパウダー状の形状によく合う洗浄成分です。

プラセンタエキス

保湿成分です。胎盤から抽出・精製したエキスです。保湿効果、皮膚細胞の活性効果、美白効果を持っているので、加齢による肌のトラブルを防ぐ働きもあります。現在のプラセンタエキスは、アレルギーの原因となるような成分やホルモンは取り除いてあり、安全で体への影響のない成分の構成となっています。

ダイズエキス

生理活性成分です。マメ科植物ダイズの種子から抽出したエキスです。保湿効果、皮膚細胞の活性効果があるので、エイジングによる症状を防ぎ、潤いのある肌を作る目的で配合されています。

セラミド1

保湿剤です。細胞間脂質の結合を強化します。セラミド1の不足は角化症、魚鱗鮮、アトピー性皮膚炎に関係すると言われています。皮膚の弾力性や細胞間の結合性の改善作用があり、老化した肌、乾燥肌向けに使われます。

セラミド2

毛髪の主なセラミドです。他のセラミドや保湿成分と組み合わせて皮膚の保護を目的に使われます。

セラミド3

エモリエント成分です。セラミドは角層が健康な状態を維持するための重要なエモリエント成分なので、乾燥から肌を守るための化粧品に多用されている安定性の高い原料です。また、乳化の安定化や、肌へのなじみ改良などの効果があるので、その目的でも使用され始めています。

セラミド6Ⅱ

保湿剤です。角質剥離(ピーリング)作用のある長鎖のAHAが結合しています。皮膚の落屑(角片があかとなり剥がれ落ちる)を促進する作用があり、皮膚を滑らかに柔軟にします。

ゲットウ葉エキス

肌にハリや弾力性を保つアンチエイジング作用があります。ショウガ科の月桃(ゲットウ)の葉から抽出したエキスです。

コラーゲン

保湿性、弾力性を増すために配合されます。アンチエイジング作用を目的に配合されます。

黒糖
毒性不明
黒砂糖から得られるエキスです。保湿効果を期待して配合されます。

ティーツリー油

フトモモ科植物ティーツリーの樹木より抽出された液状のオイルです。殺菌消毒効果に優れているので、ニキビの予防や肌を清浄に保つために配合されています。鎮静効果もあるので、リラックスを目的とした香りを主体とした目的でも配合されています。

ブルークレール、石鹸(ティートリーモイストソープ)の毒性は安全です。

ブルークレールのHPによりますと、光毒性のある成分は一切使用していないそうです。

セラミド6Ⅱのピーリング効果、そのピーリングを鎮静させ肌を落ち着かせるティーツリー油(ティートリー油)がこの石鹸のポイントのように思います。

汚れと余分な角質を落としてくれそうですね^^

使うのが楽しみです♪



EGFはじめVC誘導体、低分子ヒアルロン酸、コラーゲン等配合「ブルークレールEGF化粧品」