オラクル 洗顔料の成分分析してみました

オラクル化粧品の洗顔料について調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら

洗顔表.JPG
洗顔裏.JPG

トライアルキット




溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

カリ石けん素地

石けん、界面活性剤

グリセリン

保湿成分です。無色のやや粘性のある液体で、水分を吸収する性質があります。吸水性が高いことから、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで幅広く配合されています。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料です。天然の油脂類の多くは脂肪酸とグリセリンの化合物です。そのため、天然油脂類をアルカリでケン化させたときに石鹸成分と共に出来ます。

BG

保湿成分です。やや粘性のある透明な液体です。グリセリンと同様に水分を吸収する働きがあり、乾燥から肌を守る働きがあります。グリセリンに比べてベタツキが無いのが特長です。

ヒマワリ種子油

キク科植物ヒマワリの種子から得られた液状オイルです。柔軟効果、水分の蒸発を防ぐ効果に優れているので、乾燥から肌を守るために使われるエモリエント成分です。

グリコシルトレハロース
毒性不明
トウモロコシデンプン由来の糖質です。高い保湿力のほか、肌の細胞を活性化する効果や、乾燥に対する細胞の保護効果などの機能があります。

オリーブ油

エモリエント成分です。モクセイ科植物オリーブの熟した果実から採取したオイルです。肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れています。

ヤチヤナギ葉水
毒性不明

モンモリロナイト

粘土鉱物で含水ケイ酸アルミナです。みずみずしいゲル構造を作りますので水系の増粘成分として使われています。

ホホバ種子油

エモリエント成分です。シムモンドシア科植物ホホバの実または種子から抽出した液状のオイルです。さらっとした感触ですが、角層内の水分の蒸発を防ぐ効果が強く、肌荒れから肌を保護する目的で使われています。オイル状の化粧品には感触の改良と肌へのなじみを良くするために使われています。

トウキンセンカエキス

キク科植物トウキンセンカの花から抽出して作られたエキスです。消炎効果、鎮静効果を持っていますので、肌荒れを防ぐ目的で使われます。敏感な肌に対応しています。

ブクリョウエキス

サルノコシカケ科植物マツホドの菌核から抽出したエキスです。保湿効果があり、乾燥から肌を保護し、潤いのある肌を持続させる目的で配合されています。また、皮膚のリンパ循環を促進させる効果も期待できます。

キュウリエキス

ウリ科植物キュウリの果実から抽出したエキスです。保湿効果に優れているので、乾燥から肌を守るために使われています。穏やかな収斂効果もあるので肌のキメを整えるためにも使われます。

クマザサエキス

イネ科植物クマザサの葉から抽出されたエキスです。消炎効果、抗菌効果があるので、肌荒れを防ぐために使われています。

レシチン

乳化成分です。マメ科植物ダイズより抽出されるものと、卵黄から得られるものがあります。角層になじみやすく細胞間脂質と同様の性質を持ち、優れた保護効果があります。乾燥による肌荒れを防ぎ、柔軟な肌に整える目的で配合されています。

キサンタンガム

安定化成分です。水溶液は非常に粘性があります。乳化の安定を高めたり、感触の改良の目的で配合されます。肌表面で保護膜を作り保湿性が高いです。

加水分解水添デンプン
毒性不明
デンプンは、皮膚に対し桃のような感じを与える特徴があります。

香料(精油)

香料、精油

オラクル化粧品、洗顔料の毒性総評はです。

オラクル化粧品の洗顔料は安全と判断されます。

気になるのは「粘性」(粘り気)を出すための成分が多く配合されている事です。

クリームのようにトロッとした洗顔料です。

石鹸成分が主なので、水溶性の汚れはきちんと落ちてくれると思います。

水の保湿成分も油の保湿成分が多く、収斂成分や消炎成分も少し入っていますので、しっとりとしながら少しお肌を引き締めスッキリとした感じになるでしょう。

使うのが楽しみです♪



トライアルキット申込