オラクル 化粧水の成分分析してみました

オラクル化粧品の化粧水について調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら

化粧水表.JPG
化粧水裏.JPG

トライアルキット




溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

ダマスクバラ花水

芳香水

エタノール

基材成分です。また、肌の引き締め作用、様々な成分の溶解を助ける作用、防腐作用があります。アルコールは配合量によりその主な働きや安全性の度合いが違います。また、一緒に配合される他の成分の影響も受けていますので、一概にアルコールが入っているものを刺激が強いと思うのは誤りです。

グリセリン

保湿成分です。無色のやや粘性のある液体で、水分を吸収する性質があります。吸水性が高いことから、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで幅広く配合されています。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料です。天然の油脂類の多くは脂肪酸とグリセリンの化合物です。そのため、天然油脂類をアルカリでケン化させたときに石鹸成分と共に出来ます。

ヒマワリエキス

ヒマワリの花、葉、果実から得られるエキスです。保湿作用があります。

ビワ葉エキス

バラ科植物ビワの葉から抽出したエキスです。消炎効果、収斂効果があるので、肌荒れを防ぎ、キメを整え引き締まった肌にする目的で配合されています。

シラカバエキス

カバノキ科植物ヨーロッパシラカバまたは同属の植物から抽出されたエキスです。収斂効果、消炎効果、血行促進効果、殺菌効果など多くの効果があります。

マグノリアオフィシナリス樹皮エキス
毒性不明

ハマメリス水

マンサク科植物アメリカマンサクの樹皮から抽出したエキスです。優れた収斂効果、消炎効果があるので、肌を引き締め、キメを整える目的や、肌荒れ防止の目的で使われています。精製水の代わりにも使われます。

イリス根エキス

アヤメ科植物シロバナイリスの根茎から抽出されたエキスです。消炎効果、保湿効果があり、キメを整えて肌を保護する目的に適しています。抗酸化作用も期待できます。

トウキンセンカエキス

キク科植物トウキンセンカの花から抽出して作られたエキスです。消炎効果、鎮静効果を持っていますので、肌荒れを防ぐ目的で使われます。敏感な肌に対応しています。

トウヒエキス

ミカン科植物ダイダイの熟成した果皮から抽出して精製されたエキスです。鎮静効果、肌機能活性効果があり、乾燥によるトラブルに対し抵抗力のある健やかな肌を維持します。

ゼニアオイエキス

アオイ科植物ゼニアオイから抽出したエキスです。保湿効果が高く、乾燥から肌を守る化粧品に使われています。

ワイルドタイムエキス

生理活性成分です。シソ科植物タチジャコウソウ(タイム)の地上部から抽出されたエキスです。消炎効果、収斂効果があり、キメを整えて肌を保護する目的で使用されます。また肌を清浄に保つ働きも期待できます。

リゾレシチン

レシチンより親水性が増し、界面活性作用が強くなります。肌内部の細胞まで浸透し、細胞膜に取り込まれるように入り、保湿効果を高めます。

香料(精油)

香料、精油

オラクル化粧品、化粧水の毒性の総評はです。

オラクル化粧品の化粧水は安全と判断されます。

「水」の次に多いのが「ダマスクバラ花水」という芳香水なので、匂いが強い気がします。

保湿効果よりも、収斂効果や消炎効果のある成分が多いのが特徴ではないでしょうか。

収斂効果は肌を引き締め、消炎効果は肌荒れを防ぐ働きがあります。

私のような脂性肌(オイリー肌)の肌タイプには、これから夏の季節嬉しい化粧水ですね♪

乾燥肌の方でも、乾燥による肌荒れを抑える働きがあります。




トライアルキット申込