オラクル 集中マスクの成分分析してみました

オラクル化粧品の集中ケアマスクについて調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら

3 集中パック.JPG
3 集中パック裏.JPG

トライアルキット




溶媒成分です。基礎化粧品での水は精製水のことです。

グリセリン

保湿成分です。無色のやや粘性のある液体で、水分を吸収する性質があります。吸水性が高いことから、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで幅広く配合されています。肌へのなじみを良くしたり、感触の調整としても便利な原料です。天然の油脂類の多くは脂肪酸とグリセリンの化合物です。そのため、天然油脂類をアルカリでケン化させたときに石鹸成分と共に出来ます。

カオリン

花崗岩が風化してできた粉末または塊上の鉱物です。他の粉体の肌への付着性を高めたり、パウダー基材とする目的で使われています。

エタノール

基材成分です。また、肌の引き締め作用、様々な成分の溶解を助ける作用、防腐作用があります。アルコールは配合量によりその主な働きや安全性の度合いが違います。また、一緒に配合される他の成分の影響も受けていますので、一概にアルコールが入っているものを刺激が強いと思うのは誤りです。

ホホバ種子油

エモリエント成分です。シムモンドシア科植物ホホバの実または種子から抽出した液状のオイルです。さらっとした感触ですが、角層内の水分の蒸発を防ぐ効果が強く、肌荒れから肌を保護する目的で使われています。オイル状の化粧品には感触の改良と肌へのなじみを良くするために使われています。

スクワラン

エモリエント成分です。皮膚に対する浸透力が良く、ベタツキのない特性があります。そのままでマッサージ用のオイルとしたり、感触の改良のために使われています。もともとは深海鮫の肝臓油から作られていましたが、近年の植物性原料ブームで植物性スクワランを配合した製品が増えつつあります。
※オラクル化粧品は植物性スクワランを使用していることを明記しています。

ククイナッツ油

ハワイに自生するトウダイグサ科植物ククイノキの種子より得られたオイルです。肌の柔軟効果に優れているエモリエント成分です。

モンモリロナイト

粘土鉱物で含水ケイ酸アルミナです。みずみずしいゲル構造を作りますので水系の増粘成分として使われています。

オタネニンジンエキス

生理活性成分です。ウコギ科植物お種ニンジンの根から抽出して精製されたエキスです。肌機能活性効果、収斂効果があり、乾燥などに負けない健康的な肌を維持する目的で配合されています。

トウヒエキス

ミカン科植物ダイダイの熟成した果皮から抽出して精製されたエキスです。鎮静効果、肌機能活性効果があり、乾燥によるトラブルに対し抵抗力のある健やかな肌を維持します。

クマザサエキス

イネ科植物クマザサの葉から抽出されたエキスです。消炎効果、抗菌効果があるので、肌荒れを防ぐために使われています。

イチジクエキス

保湿性、タンパク分解性

ヒマワリエキス

ヒマワリの花、葉、果実から得られるエキスです。保湿作用があります。

オトギリソウエキス

オトギリソウ科植物オトギリソウまたはセイヨウオトギリソウから抽出したエキスです。皮膚細胞の活性効果、収斂効果、消炎効果などがあり、肌荒れ防止やエイジングケア目的で使われています。

ヤチヤナギエキス
毒性不明

クワ葉エキス
毒性不明
白い肌を保つ成分が含まれている事も知られています。紫外線により活発になったメラニン色素の活動を抑え、シミやソバカスを防ぐ効果があります。また、潤いを補う効果も高いので、日焼けしてかさついた肌の手入れに有用です。

トウキンセンカエキス

キク科植物トウキンセンカの花から抽出して作られたエキスです。消炎効果、鎮静効果を持っていますので、肌荒れを防ぐ目的で使われます。敏感な肌に対応しています。

キサンガンガム

乳化の安定性を高めたり、感触の改良の目的で配合されます。肌表面で保護膜をつくり保湿性が高いです。

トコフェロール(天然ビタミンE)

還元力の強い成分で、抗酸化作用があり、エイジングや炎症の原因の一つであるフリーラジカルを消去したり、過酸化脂質の発生を防ぎます。また、皮膚の血液循環を良くする働きもあります。肌荒れを防ぐ、エイジングケア、血色を良くしクスミを改善するために使われます。

リゾレシチン

レシチンより親水性が増し、界面活性作用が強くなります。肌内部の細胞まで浸透し、細胞膜に取り込まれるように入り、保湿効果を高めます。

香料(精油)

香料、精油

オラクル化粧品、集中ケアマスクの毒性総評はです。

オラクル化粧品の集中ケアマスクは安全と判断されます。

クリームクレイのパックですね。天然クレイと記載されているのは、カオリンの事かと思われます。

油分の保湿が多いので、乾燥肌の方でも満足できる保湿力があるでしょう。

肌の機能を元気にする賦活作用や、肌のキメを整える収斂作用、お肌の熱を鎮める鎮静効果が(どれくらいの割合かわかりませんが)何種類か入っています。

ただ、これらの効果がある成分はほとんどが半分から下に書かれているので、パックの主な目的は「保湿」だと思われます。




トライアルキット申込