オゾン化粧品 クリームの成分を調べてみました

オゾン化粧品のクリームについて調べてみました。

化粧品全成分表示ルールと本サイトの成分調査ポリシーはこちら


オゾン化グリセリン
毒性不明
保湿効果、殺菌効果、抗酸化作用が期待できます。

PEG400

合成ポリマー、結合剤です。

PEG4000

合成ポリマーです。

3つのうち2つが合成ポリマーなので安全とは言い難いととるか、界面活性剤やらいろいろ入っていないので安全と見るかは受け取り方次第ですね。

今までの化粧品と同じ判定をすると、オゾン化粧品、クリームの毒性は安全です。

ビックリするほどシンプルなクリームです。

おそらく、2つの合成ポリマーはオゾン化グリセリンを安定させるためのものと思われます